熱意も忘れずに

大切なのは気持ちを伝えること!

会社で働いている社員のために行う研修はとても大切です。ずっと同じ仕事を続けていると、気がつくと仕事が怠慢になっていることがあります。定期的に人材育成の教育を行っておくことで、常に高いレベルで意識を保つことができるようになります。社内で人材研修を行うにあたっては、さまざまな事を心がけて社員に語りかけることが大切です。そのなかの一つが、熱意を社員に伝えることでしょう。頭で考えることをどれだけ伝えたとしても、結果的に熱意がきちんと伝わっていなければ、話をした内容は頭に残りません。いかに話し上手な人が人材研修を行っていくか、これがとても大きいです。できれば、情熱的な社外の人に研修を行ってもらいましょう。

斬新な考え方を取り入れる!

社内の上司が人材育成研修を幹部に行ったとしても、もともと社内にいる人同士ですから、ありきたりの内容になってしまうことがあります。メリットとしては、費用をかけることなく人材育成研修ができる点ですが、もっと内容の濃い研修を考えているなら、熱意のある講師を派遣して新しい考え方などを取り入れると良いです。外からの風はとても新鮮であり、今まで当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなりますし、さらに考えてもいなかったようなことを吹き込まれたりします。こうした取り組みによって、考え方も変わるでしょう。もちろん、費用は派遣ですから発生しますが、それでも会社全体のことを考えてみると、こうした取り組みで研修を行ったほうが良いです。