使用状況をイメージさせてあげよう

より効果的な研修方法を探してみよう

人材育成研修は、仕事に対する意欲の向上や問題解決などに繋がるチャンスとして、全国の民間企業で実施される機会が増えています。特に、研修をより良いものとするには、研修中に修得したスキルを日々の仕事の中でうまく使用できるよう、一人ひとりの研修の参加者にイメージさせてあげることが大切です。最近では、講義形式やグループワーク、プレゼンテーションなど、様々な手法を取り入れて研修を実施している企業も多くあり、飽きることなく研修を終えることができるようになっています。そうした中、人材育成研修の効果を最大限に高めるうえで、研修後に人事部の社員だけでなく、各部門の責任者が意見交換を行いながら、研修内容のフィードバックを行うと良いでしょう。

実践的なテーマを盛り込もう

定期的に実施する人材育成研修を形骸化させないためには、事務職や技術職、営業職などそれぞれの職種に不可欠なテーマを学べるよう、実践的な研修のカリキュラムを考えることが重要です。また、自社内で講師を選任するだけでなく、外部の多様な人材に研修を担当してもらうことで、メリハリを付けて研修を進めることができます。人材育成研修に工夫をしている企業の中には、人事担当者が研修の前に対象者に聞き取りをして、日々の業務の問題点を明らかにしたり、興味のある研修を自由に選べるようにしたりするところが多くあります。そこで、限られた期間内に適切な研修のテーマを決めるうえで、様々な業界で行われている人材育成研修の内容を参考にしてみましょう。

販売の研修とは商品を扱う企業などが販売をするにあたり、その商品の特徴や販売の注意点などに対してそれを販売する人たちを研修することをいいます。