部下よりも努力する姿勢が重要です

上司としての立場を再確認

仕事を頑張って何らかの成果を出せば、社内での地位は上がります。社内での地位が上がれば指示をする側の人間になるので、言わば自分の思い通りに人や仕事を動かすことができます。上司として更に仕事に邁進できれば良いのですが、意欲が低下して部下任せになってしまうケースがあるのも事実です。当然ながら、上司が楽をして部下だけが身を粉にして働くという構図は不適切です。次第に部下の疲労やストレスが溜まって、体調不良などのトラブルが発生するかもしれません。上司という立場は仕事を円滑に進めるだけでなく、人材を育てることも大切です。言葉で指導をするのはもちろん、態度で引っ張るという意識も忘れてはいけません。部下よりも努力をすれば、部下も納得して働くことができます。

部下よりも努力して早期の退職を防ぐ

上司が楽をして部下だけに働かせていると、不満が溜まって効率的な成長を望めないだけでなく、早期に退職する可能性があります。やはり部下としては、ずっと理不尽に働き続けるのは不可能なのです。部下が早期に退職をすれば新しい人材を募集することになりますが、また一から同じ仕事を教えることになります。入っては辞めるという状況が続けば、なかなか仕事は捗りません。もちろん、あえて部下に仕事を任せることも大切ですし、困っている部下の手助けをしないというのも一つの教育です。手助けばかりしていては、自分で解決する能力が備わらないからです。ただ、あえて仕事を任せているつもりでもコミュニケーションが不足すると部下のストレスが大きくなるので注意が必要です。

接客の研修はたくさん実施するべきです。商品満足だけでなく、接客対応の良さがお客様の感動を生み出すからです。